建てる家をカタチにするために

構造工法を検討する

木造軸組工法

knowledge_05_01.gif

「在来工法」とも呼ばれ、昔からある日本の伝統的な木造工法です。基礎の上に柱や梁などを組み合わせた構造体をつくり「点」で支えます。
この工法は間取りの自由度が比較的高く、家族構成の変化による増改築に対応しやすくなっています。

2x4工法

knowledge_05_02.gif

木材断面が2インチx4インチの建築材を基本とし、欧米では標準的な工法です。木造軸組工法が「点」で支えるのに対し、この工法は構造用製材でパネルをつくり、建物を「面jで支えます。耐震性・耐火性・気密性に優れています。

鉄骨構造

knowledge_05_03.gif

木造軸組工法の構造材を軽量鉄骨に置き換えた「鉄骨軸組工法」や重量鉄骨の柱と梁を剛接合した「ラーメン工法」などがあり、一般的には重量鉄骨ラーメン構造をさします。柱の間隔が広くとれ、壁が少ない大きな空聞をつくることができます。

鉄筋コンクリート構造

knowledge_05_04.gif

型枠の中に網目のように鉄筋を組み、そこにコンクリートを流し構造体を形成します。鉄筋コンクリートの構造は、引っ張る力にも、圧縮する力にも強く、地震に対する安全性が高い構造といわれ、耐火性・耐久性.遮音性に優れています。

プレハブ工法

knowledge_05_05.gif

プレハブ工法は主要な部材の大部分を工場で生産し、搬入された部材を現場で組み立てていくものです。そのため工期が短く、品質が安定し、コストパフォーマンスにも優れています。「コンクリート系」「木質系」「鉄骨系」などいろいろあります。

  • はじめての家づくり:お金のはなし
  • 家づくりの基礎知識
  • 落し物・忘れ物
  • メールマガジン