知っておきたい住まいの保証制度

住宅を安心して取得できるようにさまざまな保証制度があります。

住宅性能保証制度(10年保証)

住宅の性能・品質を保証する制度です。審査に合格した新築住宅は、引き渡し後、主要構造部で最長10年間保証する制度です。

住宅完成保証制度

もし万が一、住宅の建設中に建設業者が倒産するなどして、工事ができない状態になったときに、公的機関が一定の範囲内で保証してくれる制度です。

地震対策

日本では地震が多く、建物の耐箆性はとても重要です。今後発生するかもしれない大地震では大きな被害が予想され、命を守るだけでなく、家の中の財産も守るために、どのくらいの耐震性が必要かを家を建てるときにこそ検討した方がいいでしょう。

★耐震等級(構造躯体の倒壊防止)
  • 等級1...数百年に一度発生する地震の力に対して倒壊、崩壊などしない強さ。(建築基準法の耐震基準)
  • 等級2...等級1の1.25倍の強さ。
  • 等級3...等級1の1.5倍の強さ。

※住宅性能表示

  • はじめての家づくり:お金のはなし
  • 家づくりの基礎知識
  • 落し物・忘れ物
  • メールマガジン